ホームパーティーといえば・・

Originally published on 17/03/2013

Getting ready for the dinner with guests

今日は我が家に友達を招いての夕食。

なに作ろっかーとジョンに聞くと、でました、「手巻き寿司」!この2週間前に友達家族を呼んでうちでランチした時も手巻き寿司だったのに(笑)どうやら手巻き寿司はうちの定番パーティー料理となった様子。まぁ、こちらの人にとっては珍しいだろうし、作るの簡単なので私は助かるんですけどね^^

魚は近くの魚屋さんに買いに行ってきました。この魚屋さんは海辺にあって、隣には小さな船場があります。遠方から仕入れてきた魚介類のほかに、この船場から出ている小さな漁船で捕ってきた魚も店頭にならんでいて、新鮮な魚がいっぱい。値段も悪くない。日本人の私にとってはとても助かります。と言ってもしょっちゅう来るわけじゃないんですが(笑)

今日買ってきたのはサーモンと鯛。マグロは残念ながらなかったので、近くの24時間大型スーパーで購入。

ホームパーティーといえば・・ 1

ホームパーティーといえば・・ 2

実は今日のホームパーティーは、今年の秋の日本旅行について話すのが目的でした。というのも、私とジョンはこの秋に日本で結婚式を挙げる予定で、今回うちに来てくれた友達カップル2組は、嬉しいことにぜひ参列したいと言ってくれた人たちなのでした。

・・・ところが、今日は運良くか運悪くか、ラグビーの大会・シックスネイションズの最終日。丁度ご飯の時間に最後のスコットランドの試合があったので、みんなで手巻き寿司をまきまきしながらテレビで観戦することに。

ホームパーティーといえば・・3

私を含めて6人中4人がユニフォーム着てたという。うち一人はフランス人とスコットランド人のハーフで、この試合はフランス対スコットランドだったので、フランスのユニフォーム着てました。スコットランドが勝ったけどねー♪

夕食もひとしきり食べ終え、さぁそろそろ日本旅行について話そうかといういうことに。

・・・はい、約15分で終了(笑)というのも、高知は酒飲みが多いという話から、高知のお座敷遊びの可杯(べくはい)の話になり、去年親戚からいただた実際の可杯を見せていて・・・・・

やることになりました。笑( ̄ー ̄)

Bekuhai set

The biggest cup; Tengu

可杯は、飲み干さないと下に置けない杯という意味で、漢文では「可」という字が決して分の末には来ないことからこの名前が付いたそうです。てんぐ、ひょっとこ、おかめの絵が描かれた杯があり、てんぐはでっぱった鼻の形のため、ひょっとこは口にあたる所に空けられている穴のために、飲み干すまで机に置くことができません。おかめは一番小さくて、一番やさしい杯です。

やり方はいたってシンプルで、コマをまわしてだれがどれで飲むかを決めるだけ。皆は円状になって座っていて、コマはその真ん中でまわし、そのコマが指した人が、指定された杯で飲む、というゲームです。本当は、このコマが回っている間に歌う歌があって、タイトルは「べろべろの神様」といいます(笑)もちろん今回の席では私しか歌えなかったので歌いませんでしたが、歌詞の内容はみんなに説明してあげました。

♪ べろべろの神様は~ ♪ 正直な神様よ~ ♪ べっぴんさんの方へと、おもむきやれ ♪ それ、おもきやれ

といった感じです。「べっぴん」を替えて、「おとこまえ」とか「酔っ払い」とかにして歌うそうです。

実は私、生まれも育ちも高知の、生粋の「はちきん」ですが、これまでの25年の人生で一度もこの可杯はやったことがありませんでした。というか、伯父からもらうまでこんな伝統があるなんて知りませんでした。でも確かに、思い返してみれば大学時代によく、「高知って、穴の開いた杯があるでしょ?」って言われたなぁ。

ホームパーティーといえば・・ 4

ホームパーティーといえば・・5

ホームパーティーといえば・・

一度始めると途中で止められるわけもなく・・日本から勝ってきた高知の栗焼酎、ダバダ火振一升があっという間に消えていきました。途中、ゲームを難しくするために、飲んだ後に「ごちそうさま!」と言わないともう一杯、というルールを付けたし、おかげでみんな必死に「ごちそうさま」を覚えて帰りました。覚え方は “Goats’ cheese so summer!” です。ちなみに、今回のゲームで一番「ラッキー」だったDさんは、帰りのタクシーで大変だったとのこと・・・(笑)

これで高知出陣への心構えはできたみたいやね。笑( ̄ー ̄)